So-net無料ブログ作成

★初めて見た!ヒメと云う魚★ [魚]

皆様おはようございます。蝉の声もアブラゼミからミンミンからツクツクとだんだん秋が近づいて来ているんだな~と思う今日この頃でございます、

それでは本日はお魚の紹介です。お友達の釣って来てくれた魚の中に見たこと無い魚が~!!!この真ん中にいる魚~!!ピカピカ綺麗~!!さっそく調べて見ました~!!

トウハゼ、トラギス、トラハゼなどと呼ばれすそうですが本名は「ヒメ」明らかにトラギスとは違います~トラギスは以前の記事でどうぞ

食べ方は煮ても焼いてもいいのでしょうが取り合えづから揚げにしていただきました。なかなか、かるい味のお魚でした。唐揚げの写真撮るの忘れました~(^o^)v

ひめ5.jpgひめ1.jpegひめ3.jpegひめ4.jpeg


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

★赤いさきVSあやめカサゴ★ [魚]

皆様おはようございます。昨日博多の業者様から電話を頂きこちらはもう梅雨入りしましたがそちらはどうです~!こちらはまだなのですが、もうそこまで梅雨が迫っているのですね~!しっとり雨に濡れる紫陽花もまたいいものです。それでは本日もお魚の紹介もう何回か登場しておりますが、しっかりとした紹介がまだでしたのでご紹介~!写真上が「あやめカサゴ」下が「アカイサキ」です

赤いさきはスズキ目ハタ科ハナダイ亜科、食べ方は刺身、焼き、煮魚、カルパッチョ身がしっかりしていてかなり美味しいですさすがハタ科ですね~!!

あやめカサゴはカサゴ目フサカサゴ科カサゴ属食べ方は刺身はもちろん、鍋、唐揚げ、ブイヤベースなどで!刺身は歯ごたえ良くポン酢などでもOK~です!

今回は両方共お刺身にしてお客様に~!綺麗なお姉さんが撮ってくれた刺身の写真乗っけておきま~す。向かって右側が赤いさき焼霜作りひだりがアヤメカサゴのお造りです。

★赤いさき焼霜作りの作り方は以前の記事からどうぞ★←クリック~!

赤いさき&あやめカサゴ.jpegカサゴ刺身2.jpgカサゴ刺身3.jpgカサゴ刺身4.jpg


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

初めて見た!★ヒレナガカサゴ★ [魚]

皆様おはようございます。昨日もお友達が色々魚を釣ってきてくれました。え~っと鯖に、アヤメカサゴ、アカイサキ、アジ、それからーっと!!見たことない魚発見~!!釣った時に指を背びれに刺されたそうです!やけに背びれの長い魚~!!カサゴに似ている~!早速調べてみました!多分これでしょう!1番の特徴背びれが長いこと~!!!「ヒレナガカサゴ」カサゴ目、フサカサゴ科!あまり食べる人はいないらしい~!!唐揚げにして食べてみよ~っと!!

5月26釣り魚1.jpg5月26釣り魚3.jpg5月26釣り魚4.jpg5月26釣り魚5.jpg5月26釣り魚2.jpg

食べてみたよ~唐揚げで~!!繊維が長めで歯ごたえあって美味しかった~!

ヒレナガカサゴ唐揚げ1.jpgヒレナガカサゴ唐揚げ3.jpgヒレナガカサゴ唐揚げ2.jpg


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

★ブリとヒラマサの見分け方★写真解説 [魚]

皆様おはようございます。お友達がブリとヒラマサを釣ってきてくれました、ところで皆様ブリとヒラマサはどこがどう違うの?まあ名前が違うのだから、何かがちがうのだろう~!!ってことで本日はブリとヒラマサの違いを写真付きで、とこと~ん解説いたします~!!かなりマニアックな話なので興味のない方はスル~してプログランキングのポチだけお願いいたします~「なんて虫のいい~(^O^)v!!

 それでは解説スタートです!まず写真をご覧下さい。ぶり・ヒラマサ3.jpg上がブリしたがヒラマサ~!どこがどう違うかって?よ~く見ると上のブリの方が顔がデカイ~!!エラブタから口先までを見てみて~ぶりのが大きいでしょ~!!並べてみると上がブリ下がヒラマサ~ぶり・ヒラマサ6.jpgと同じくらいのブリ、ヒラマサを並べればなんとなくわかります~!しかし1本だけなら、これどっち~?ですよね!!それでは次の写真をご覧下さい。ぶり・ヒラマサ2.jpgぶり・ヒラマサ1.jpgはいはい~違いがわかりますか~?左がブリで右がヒラマサです~!ブリの方は顎の付け根の上が角張っておりヒラマサは丸くなっております~!わかりにく~(^O^)、それでは次の写真~ぶり・ヒラマサ10.jpgぶり・ヒラマサ9.jpgは~い!!どこが違うかわかりますか~?左がブリで右がヒラマサです。よく見るとブリの胸びれは体の黄色い線にかかっていませんが右側のヒラマサの胸びれは黄色の線にかぶさっております~!胸びれの付け根もヒラマサの方は黄色の線の端っこから生えております!ぶり・ヒラマサ7.jpg並べてみると上がブリ下がヒラマサ~!それでは次の写真ををどうぞ~!ぶり・ヒラマサ5.jpgぶり・ヒラマサ4.jpg左がブリで右がヒラマサですブリの尾びれの真ん中は案外平らっぽい?右のヒラマサの尾びれの真ん中は角度がある?ぶり・ヒラマサ8.jpg並べてみると上がブリでしたがヒラマサ!

食べ方は刺身はもちろん、照り焼き、煮付けでOK~!!ブリは皮を引くとすぐに血合いの赤い部分が酸化して茶色くなってしまいますがヒラマサの方は中々茶色くならずお店的には重宝な魚でぶりよりやや値段も高めです長らくお読み頂きお疲れ様でございました~!!書くのも疲れた~(^O^)v

ユーチューブで見る方はこちらからどうぞ~https://www.youtube.com/watch?v=Uy7YB3LyUI0

↓↓↓これで魚を見てみたいものです~!!


nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ホウボウとカナドとカナガシラの見分け方 [魚]

皆様おはようございます。GWも残すところ本日限り~!!今日の時間を大事に使いたいものです。それでは本日も食材のご紹介お友達が魚を釣って来てくれました~その中に見たことない魚が1匹~!!ホウボウに似ているような感じ!でもちょっと違う!調べてみました~!!これこれ!

「カナド」スズキ系カサゴ目ホウボウ科カナガシラ属~!ホウボウとの違いは頭のゴツゴツ感!ホウボウはなめらか~!また似たような魚で「カナガシラ」違いは胸びれの後ろの色と尾びれの縞々そして背びれの2本目がピョ~ンと飛び出している~!いや~この3匹の見分け方たいへんだ~!!ホウボウとカナガシラの写真はありませんが探して有ったらUPします~!食べ方は刺身はもちろん、煮ても焼いてもOK~です。

5月3日魚1.jpg5月3日魚3.jpg5月3日魚2.jpg5月3日魚4.jpg5月3日魚5.jpg

ホウボウの写真ありましたした~下の2枚がホウボウです~!

ホウボウ1.jpgホウボウ2.jpg

[左斜め上]よろしければ目玉焼きアンケートにご協力下さいませ~(^O^)v



nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

的矢湾あだこ★岩牡蠣★の秘密 [魚]

皆様おはようございます!食べプロさぼり続けて久々の更新になります~!本日は食材のご紹介「岩牡蠣」

学名 Crossostrea nippona 英名Rock-oyster

夏が旬で、最盛期は夏。冬のマガキと交代するように入荷してくる。大きくなる二枚貝で独特の渋みがあって、これが持ち味で一口では大き過ぎるので適宜に切り分けて食べるのがいい感じ!

中でも高級ブランド的矢・畔蛸・とば産の岩牡蠣これ最高ですね~!三重県鳥羽市畔蛸(あだこ)町は的矢湾の北側にあり、漁業が盛んな海女と漁師の町!沿岸漁業と真珠、カキ、ノリの養殖や釣船が盛んで、畔蛸(あだこ)という地名通りに蛸が名物です。畔蛸(あだこ)町という地名の由来は台風の大波で海の魚や蛸などが打ち上げられ、田んぼの畔(あぜ)までやってきたなどの諸説があるそうです。

的矢湾あだこ岩がき協同組合は、平成9年 「夏がき」とも呼ばれる岩がきに着目し種苗生産の技術研究を推進!平成13年 本格的に岩がき養殖を開始!平成15年6月 「的矢湾あだこ岩がき研究会」(代表:北川聡・会員5人)を結成!
先進地(秋田県・男鹿半島など)を視察するなど、養殖技術の向上・生産体制の確立等に努め、2年で出荷サイズに育てることに成功し、「あだこの岩がき」としブランド化に取り組む!特徴的なのはゴルフのマーカーが貝殻のちょうつがい部分に刺さっていること、これは協同組合の組合長さんがゴルフ好きだからとの噂!そしてこのマーカーの色が色々あるんですね~!!大きさの違いかと思い電話してみました~!すると5人の組合員の誰が生産したか判る用に5色のマーカーがあるそうです。マニアックな話に最後までお付き合いいただき誠に有難うございました。

的やかき3.jpg的やかき5.jpg



nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ウメイロは沖タカベ [魚]

皆様おはようございす。ぎっくり腰もだいぶ良くなり本日からお店再開です。冬の寒さもいよいよピークを迎えておりますので皆様お体には充分ご注意下さいませ。それでは本日も食材を紹介!昨日お友達がまたまたいろいろ魚を釣ってきてくれましたその中でも珍しい魚が「たかべ」に似ているがこれは「うめいろ」別名「沖たかべ」スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科アオダイ属

食べ方は 刺身はもちろんムニエル煮魚、個人的には「塩焼き」が最高にうまいと思います。

うめいろ1.jpgうめいろ2.jpgうめいろ3.jpgうめいろ6.jpgうめいろ7.jpg
釣り魚カラー図鑑


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

始めて見た!☆イヤゴハタ☆ [魚]


皆様おはようございます今日はお店もお休み朝からのんび~り寝転がっております~!!それでは本日も食材のご紹介!またまたお友達が魚を釣ってきてくれました本当にありがたい事です!いつも新鮮な魚を食べられる幸せに感謝しております。クーラーボックスを開けると今日も色々~!!その中に1つ見慣れない魚が調べてみたところ「イヤゴハタ」と判明かなりめづらしい魚です!!食べ方は刺身は激旨!焼いても鍋でも最高です。それでは写真をどうぞ~!

ホウキハタ2.jpegホウキハタ1.jpeg



nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

メダイ [魚]

皆様おはようございます世界中で一番売れているプリンは「プッチンプリン」だそうです!最近本格的なプリンばかり食べておりますがむしょ~うに!プッチンが食べたくなる今日この頃でございます!それでは本日の食材のご紹介。お友達がまたまた魚を釣ってきてくれました。いつもありがたいことです。本日はカンパチ、ヒレナガカンパチ、かさご、はた、メダイ!その中でも「めだい」私も長年調理業界におりますがこんな大きいメダイは初めて見ました~!スズキ系スズキ目イボダイ亜目イボダイ科メダイ属食べ方はお刺身・焼き魚など特に幽庵焼きは最高ですね!うちのお店ではユッケにして提供~!写真は上からカンパチ、目ダイ、ハタ、カサゴ。お刺身は左がカンパチ、右がメダイです

*幽庵タレ(ゆうあんたれ)・・醤油、酒、みりん、の同割(同じ分量で合わせること→1:1:1とか2:2:2)にすだちの搾り汁(レモン、ゆずなど柑橘系でOK)このタレは便利だから覚えておいてね!!特に魚を漬け込むと最高~!1日漬け込んでおけばOK~!

かんぱち、メダイ1.jpegかんぱち、メダイ2.jpegかんぱち、メダイ3.jpegかんぱち、メダイ4.jpegかんぱち、メダイ5.jpeg
釣魚1400種図鑑 海水魚・淡水魚完全見分けガイド (釣り人のための遊遊さかなシリーズ)


nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

☆「おしつけ」☆ [魚]

皆様おはようございます。いつも大勢の皆様のご訪問に誠感謝しております。早いものでもう今年も6日目!皆様いかがお過ごしでしょうか?それでは本日は食材「おしつけ」のご紹介です!別名「アブラボウズ」深海魚で大変脂がのっていておいしい高級魚、「おしつけ」の名前の由来は脂が多い魚なので毒見をさせる、魚が大きすぎて食べきれないから押し付ける(おすそ分け)などから来ているらしいです。食べ方は、刺身、照り焼き、味噌漬け焼き、煮付け、何しても旨い魚です、今回は頭を分解して「あら煮」にしてみました。

作り方 鍋にお湯を沸騰させて。そこに分解したおしつけを投入、10秒位で氷水に取り、ウロコと血合いを取り除きそのあと砂糖1・醤油1・だし汁5生・姜スライス・大根輪切り(おでん大根くらい)を入れ、出し汁が半分になったら出来上がり!この大根がオシツケノうまみをもらって最高です~!!刺身はしょうが。わさびなどもいいですが「ちょっと甘めの酢味噌」で最高です。せっかく作った「あら煮」!写真撮るの忘れて食べてしまいました。(笑)この「おしつけ」は8キロUPです。大きいです!

おしつけあら1.jpgおしつけあら2.jpgおしつけあら3.jpgおしつけあら4.jpg


おしつけの照り焼き【誕生日 贈り物 プレゼント 贈答 惣菜 料理】::490

あぶらのたっぷりノった甘くトロリとした白身をご堪能下さい。★あぶらぼうず(アブラボウズ、油坊主、おしつけ)◆約240グラム◆鍋用切り身◆1.5〜2人前★【10P10Dec12】【グルメ201212_食品】【FoCou1214】【10P18Dec12】




nice!(10)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。